ご使用のブラウザ環境では、本サイトが正しく表示できない可能性があります。
以下の注意点を確認し、必要な設定を行った上で再度表示してください。

青山スパイラル 展示 プリュス

ジ・アートフェア +プリュス−ウルトラ 2014 場所 青山スパイラル 会期 10/25~10/28  出展 ギャラリー空 1F奥の黒い壁面に杏橋幹彦の作品を展示します。

映像

12年前の映像 36枚フィルムを詰めた、キャノンEos7とビデオカメラを握り フィジーやマウイで泳いだ映像です。 思えば、なんでも挑戦しやってみたいと,世界中の波の中を独り泳いでいました。 でもすぐに写真の1枚には及ばない事を感じ 以来映像はやめて,一枚に命をかけてきました。 映像にあわせたすごい声は 偶然2005年頃に僕のファイヤーキングの個展を通じて知り合った高校生だった少女が 大人になりバークリー音大〜プロのシンガーになっていて再会 彼女の音叉のような倍音に感激し今から5年前程前にこの映像を編集しました。 表に出す事の無かった、不思議な出会いと思い出の映像です。 http://youtu.be/RanyRIiTOUI

FireKing Cafe終了

ファイヤーキングカフェ での展示も昨夜を持ちまして
無事終了いたしました。
暑い日々にも関わらず、例年以上に皆様のご来場を賜り
心より感謝いたします。
ありがとうございました。

Finished exhibition at Fire King cafe
Thanks a lot visited  so much .
Arigatou gozaimashita !


BS11 9/6(土)ニューギア放映


番組が放映されます。
地域の村とサーフィンのバランスを考えた仕組み
今のバリ島のように,村人を追い出すリゾート開発などで
ぐちゃぐちゃになった海岸と海にならぬようにと思います。

パプアニューギニア 南の島の波物語 ~アンドリュー・アベルの挑戦」
9月6日土 夜9時からBS11で放送します。






.luxurearth.

杏橋幹彦の記事が追加されました。 地球に生かされている事実をを身の丈で知る事 山河や波の隙間を流れる風音 全ての教えはこの地球にあるという思想のもと 伝えていきたい人々の物語り www.luxurearth.com

Kaiboku 海墨

個展情報 2014年の個展は夏の恒例ファイヤーキングカフェで開催いたします。 7/14 (月) ~ 8/17 (日) 代々木上原ファイヤーキングカフェにて 「海墨」と題し青い世界だけではない 夕暮れの残光輝く光と影をテーマに ハワイ島、パプアニューギニアで撮影した 写真を展示いたします。 これから現像し制作に入ります。 ファイヤーキングカフェオーナー阿部さんはじめ、写真集まで 作れた事も含め、皆様のおかげをもちまして 今年で9年目をむかえる事が出来ました。 波を泳いで14年目のたどり着いた心の鏡の今です。 拝

ロハスインターナショナル季刊誌

ヨガスタジオ
ロハスインターナショナルさんの季刊誌
アートオブリビングVol2「休息」に写真が掲載されました。

次回Vol 3「そして旅は続く」
では杏橋幹彦の特集を組んで頂く事になりました

編集長 七戸さん
アートディレクター 水鳥さん
ライター 小口さん

ありがとうございました。


Art of Living Vol2

ヨガの教室やさまざまな環境への取り組みを実践されている ロハスインターナショナルが発行する 季刊誌Art of Living Vol 2( 7月中旬)に 杏橋幹彦の写真が掲載されます。 (フリーペーパーですのでロハスさんのヨガスタジオ等にて) 編集長 七戸様、ライター小口様 ありがとうございます。 注 インドの宗教団体アートオブリビングとは無関係です。 http://www.artofliving-mag.com

Lndscape_Itukushima_Shrein

Lndscape Itukushima Shreinを追加しました。

大橋陽山氏の展示

写真集Blue Forestにも書評を寄稿して頂いた 禅宗永平寺の流れをくむ 書家 大橋陽山氏の展示が 日本橋高島屋にて、ウィンドウ展示と2F アートバルコニーで始まりました! 期間 4月22日(火)〜5月6日(火)   日本橋 高島屋 「NIPPON ものがたり」    www.takashimaya.co.jp/store/special/nipponmonogatari/ www.www.takashimaya.co.jp/tokyo/index.html 大橋陽山 個展 「心花」 (しんか) "花に心は写され、心は花に映されてゆく" 日本橋高島屋 2Fアートバルコニー 2014年 4月23日(水)〜6月17日(火)まで www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/index.html#os3184 ぜひ、お立ち寄りください。 僕も明日14時頃伺います。

Landscape Papua NewGuinea 2014 1,2

Landscape Papua NewGuinea を追加しました。

Papua New Guinea 2014

パプアニューギニアの写真をUPしました。

大阪堂島リバーフォーラムカフェ写真展 3月末まで延長!

大阪堂島リバーフォーラムカフェ写真展 「Blue Forest」1/6~3月末 堂島川を望む美しい空間です www.dojimariver.com

bay FM出演

杏橋幹彦がbayFM78.0MHzに出演します www.bayfm.co.jp/flint/ 放送予定日 : 2/8 土曜 18時から 番組名:NEC Presents THE FLINTSTONE

パタゴニア トークショウ

Patagonia トークショウはおかげさまで満員の50名もの方々に
おいでいただきました。

この場を借り御礼申し上げます。

海に漂ったあの日々が、こうして地に足がつく幸せとともに
皆様の自由で無限なドアを開くきっかけになれば幸いです。

来月は雪の山とパプアニューギアの旅を続けてまいります。
ありがとうございました。

Patagonia

パタゴニアサーフ東京 渋谷店 杏橋幹彦 スライドトークショウ Slide Tolk Show! 1/17 金 19:30~ Walk along the reef 10年に渡る波の独り旅で撮影してきた未公開のポジフィルムを、 映写機によるスライドショーでお届けします。 なぜ波の裏側だったのか? スーパーも商店も無い島で生きてきた人々と 我々のおかしな都会と地球のずれ。など 4年ぶりのトークショウ! 予約制 定員40名(まだ若干空きがあります) パタゴニアサーフ東京(渋谷店)Tel 03-5469-2101 http://patagoniac.jp/event/walk-along-the-reef.html/ お近くの直営店より,パタゴニアサーフ東京 www.patagonia.com/jp/

A Haapy New Year

A Haapy New Year 

掛け値の無い世界

昔のまま
地球の長い時間を知っている海岸と
人を知らない海

遥か沖で独り漂う眺める景色は
その昔海の底だった緑に包まれた珊瑚の山と
果てしない水平線と雲

サイクロンのような横軸の波の芯の水壁が、
美しい姿を鏡のように魅せる

絡み合う水の分子が砕け
波の雨が一面を包み
霧散する海の粒が水面をたたく音

この世でもっとも神秘的で
不思議な世界の中にいる

太陽と海に祈り、無地に泳いで戻れるようただ願うしか無い

この地球の掛け値の無い,嘘の無い場所が
人には必要なのだ

命の深さをこの青い海に見つけて

本年も展示をはじめ、みなさまに感謝いたします。
また来年はパラオ〜フィジーと旅へ向かいます。



Tatiana From Rusia

My works with Tatiana and Eriko Kaniwa www.complexitygraphics.com www.luxurearth.com

Luxurearth

新たな活動「ラグジュアース」のパンフレットが出来ました。 簡単に言えば本当のラグジュアリーは地球にある。という内容です。 改めてその大切な何かを、人間は生きてきた地球から学び 尊ぶことこそ、ハワイ、アボリジニ、ネイティブアメリカンをはじめ 日本人も古来から行ってきたごく自然な行為だったはずです。 「自らが生かされている山河に感謝する」 それだけのシンプルな事がいつのまにか、ビルと夜景に星の輝きが消されたように、身近にあった強い自然が失われれば、人の心も地球から遠ざかりギスギスするものです。 今回の発起、ディレクションされた鹿庭江里子さんはじめ その道の普段は御逢いできない方々にも、無理を通しご出演をくださいました。 この場を借り,御礼申し上げます。 またデザインをしてくださった このウェブや写真集をデザインして頂いた、フォームプロセス八木さん、音の西条さん ロシアで活躍する独特なバイオデザイナーのタチアナ ありがとうございました。 Thanks a lot your hart ! 杏橋幹彦 ご希望の方はお送りいたします。 www.luxurearth.com

グランフロント大阪



大阪、梅田駅直結グランフロント大阪の展示が始まりました。
Started Exhibition at GuranFront Osaka

大阪展示!

場所 グランフフロント大阪 北館6Fウメキタフロア
日時 11/25~12/26 AM11:00~深夜

代々木上原ファイヤーキング、元スタッフ古野裕太さんのお店
創作中華レジーナも同階で皆様をお待ちしています。
数年前までお父さんが白金で有名なイタリアンのお店を経営された後
大阪へ新規オープンされ、味と雰囲気も格別です。

どうぞお気兼ねなくお声かけください。

グランフロント大阪 新井さん
レジーナ 古野さん ありがとうございました。

パタゴニアサーフ1日だけのトークショウ 2014年1月に

渋谷パタゴニアサーフ東京 日時12月初旬 から1月中旬に変更になりました。詳細は12月にお知らせします。 今回は波の写真ではなく杏橋幹彦が旅をしてきた海辺に暮らす人々や景色 なぜそこへ向かったかなど、難破船のような独り旅の中で見てきた、独自の世界観をお話しします。 パタゴニア

展示終了

青山ノートンギャラリー
アジュール竹芝 での展示は終了いたしました。

猛暑の中、たくさんの方々にお越し頂きこの場を借り
御礼申し上げます。
またアジュール竹芝においては、急遽、婚礼の貸し切りがはいり
休業になった日もあり、お越し下さいました方々には大変申し訳け
ありませんでした。
お詫び申し上げます。


今年は大阪での展示も企画中です。
詳細が決まり次第ご報告いたします。



ノートンギャラリー個展

青山根津美術館横のノートンギャラリーにおいて 杏橋幹彦の展示が開催されます。 期間9/13(土)~9/27(金) 休廊 火、水  時間 12:00~19:00 オープニング レセプション9/13(金)17:00~ ノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607

ファイヤーキングカフェ

今週8/25(日曜)で代々木上原ファイヤーキングカフェでの展示が終了します。 杏橋幹彦も最終日まで夕方からカフェにおります。 写真についてお聞きになりたい方は、お気兼ねなくお店の方にお声かけください。 営業 11:30〜深夜2:00 ランチタイム18:00まで 東京都上原1-30-8 www.fk-cafe.com

ホテルアジュール竹芝 展示

ホテルアジュール竹芝 21F フレンチレストラン「ベイサイド」 8/13~9/29の間、杏橋幹彦の写真展が開催されます 営業時間  月曜休み 注 (9/17,24は振替の為お休みです) Lunch Time 火曜〜金曜  11:30~15:00 土曜、日曜、祝日 11:00~17:00 Dinner Time 月曜以外 17:30~22:00 〒105-0022 港区海岸1-11-2 Tel 03 3437 2320 www.hotel-azur.com/ お気軽にお越し頂けるよう 夜も特別なメニューをご用意して頂きました。

ファイヤーキング カフェ個展スタート!

ファイヤーキングカフェ個展が開催されました。 7/29(月)~8/25(日) 11:30〜深夜2:00 無休 東京都上原1-30-8 www.fk-cafe.com

luxureearth

ディレクターである鹿庭江里子氏の、構想から1年。 杏橋幹彦がクリエイティブディレクターとして製作中だった ウェブサイトが公開されました。 mikihiko.comの音の西条芳宏氏も共に参加しております。 www.luxurearth.com/

堂島リバーフォーラム

大阪は堂島リバーフォーラムで2年に渡り 展示されていた27mの写真が6/4頃から撤去されます。 堂島リバービエンナーレの開催にあわせ 坂本龍一さんの音楽の中 主催者堂島リバーフォーラムさんに制作していただきはや2年 生まれて、散るまでの青い波が少しでも皆さんに観ていただけたら幸いです 中からは観られず外からのみです 堂島川と建物を挟んだ中庭からご覧いただけます。 また7月からは新たなビエンナーレが開催されます。 こちらもぜひお楽しみください。 台湾より新たなキューレター、作家を招き開催 テーマ Little Water www.dojimariver.com/topics/biennale2013.html/ 古久保ひかりさん 池内さん、皆様 この場を借り御礼申し上げます。 杏橋幹彦

5/24 金 ロンハーマン&ロブマチャド

ロンハーマン 千駄谷店にて ロブマチャドさんのフィルムイベントが開催されました。 その為展示写真の一部が外されますので すべての展示再会は25土曜日、今日より http://ronherman.jp/

GAIA SYMPHONY No6

龍村仁さんがプロデュースされてきた、ガイアシンフォニー地球交響曲 第6番が 5/26明治神宮で上映されます。 前売り3000円 当日3500円 13:00~17:30 主催、お問い合わせ 龍村仁事務所 050-5527-4578 http://gaiasymphony.com/

Hawaii Islands 2013

Selected Worksにハワイ島での波をアップしました。
夕暮れに絞り撮影された写真です。

ロンハーマン展示

ロンハーマン 千駄谷店 期間 5/1〜6/30 http://ronherman.jp/

Galeria chroma

ブラジルのギャラリーChoromaに紹介されました。 www.galeriachroma.com.br/

ノ−トンギャラリー

青山ノートンギャラリ−ではオーナー高橋氏のコレクション展が開催中です。 このロバートキャパを写した写真は、通信社からなんらかの経緯で流れたもので、 フランスのオークションで見つけたそうです。 青いトリミングの線がはいっていたり、タイプライター、作家サインなど 当時の生の空気が伝わる、貴重で歴史的な写真家が残した1枚が 世界から集まり展示中です。 1枚の写真は、写真家と周囲の心象を読める奥深いもので、改めていいと思いました。 3/30まで開催されています。 これだけの作品を1度に見れる機会はそうないと思います。 根津美術館横の路地に佇むギャラリーですので、お近くの際にはぜひ! ノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607

ロンハーマン展示 開催日時決定

ロンハーマン(千駄ヶ谷)個展 2/1〜3/30との展示予定でしたが 5/1〜6/30の2ヶ月間に決まりました。 詳細は追ってお知らせ致します。 http://ronherman.jp/

甲賀

甲賀の総社、油日神社
古くは定かではないが877年にはこの地に建立され
今の社屋は明応二年1493年のもの
甲賀の多くの忍が崇拝されてきた、日光や月光、陽炎を表した摩利支天を本尊に祀る

摩利支天は戦いと、隠形といった霊験が信じられ
これはいわば呪術であるが、忍び達が何世代にも渡り心のささえにしてきた事実が
この深い森と在る。

長い時間と、密教や修験道と自然に深く絡み合う、彼らの生身で戦う想いを(護符的)
波と一つになるが為、フィンだけで泳ぐ行為のあまりの未知の恐ろしさに
自然と重ねあわせ、いつの日からか海で独り彼らにあやかり、呪文と印を結んでいました。

後談
母方の先祖は顔を写真で見たのは,曾ひいじいさんまでですが
実はまさにこの甲賀の水口の木挽きだと聞ききました。
なんだか不思議な繋がりです。


長くなりましたが
今年も皆様どうぞ、よろしくお願い致します。
遥か南の海の藻くずにならぬよう、今年も慎重に大胆に行ってきます。


A Happy New Year.
This shurein was aburahi Kouga in Shiga-ken .

Although it is believed as for Marisiten (摩利支天) that the miracle of a not find form is a battle and this is magic so to speak, there is a fact which was borne and (Ninjya) shinobi 
has made the support of the heart over numbers of generations with these deep forest. 

I feel semler mean by my self in to the surf.
Eny time my hart was broken .
Becoause I say Marishiten ward and do the saign by finger !

Vest regareds

Thanks so much

365日、その3分の1は寝ている訳だから。 243日目をパッチリ開けて、ピエロのハンバーガーやおひげの唐揚げは食べず なにより健康でいないといけない。 子供達が喜ぶ 行った事も無い北欧方面のサンタ爺の、例の一連のクリスマスと キリスト生誕が接着しお祭り化した日本。 それを6日過ぎると 人々は忘れたように神社、仏閣でこの日とばかりお金を人混みから賽銭箱へ 投げ入れ、神妙に手を合わせる 何をお願いしているのか?外人にはわからないだろう 寛容なのか,何も考えてないのか。 遠い島々へいくと、日本の事を知りたいと思い 日本のおかしな事,良い事が 日々観えてくる 日本人でなければ、海にお祈りはしないだろうな と深淵に眠るアミニズムが目を開く訳で こうした写真が写せました 何を言ってるやら とにかく皆様今年もありがとうございました。

ロンハーマン展示 開催日変更!

当初2013年2/1〜3/30との展示情報でしたが ロンハーマンサイドの都合により 今現在2013年5/1〜7/30の間の2ヶ月間に延期予定です。 改めて年明けに告知させていただきます。 申し訳けありませんでした。 http://ronherman.jp/

Longines

ロンジン生誕180年記念フォトコンテストの、授賞式が
開催されました。
950もの応募より、日本、スイスでの審査を通過した3名
の方々がお越しくださり、それぞれの写真のエピソード
を聞かせて頂きました。

まづは行く事。
そして思うがまま押す。
初心に返るおもいで改めて、映像ではない写真の奥深さを
知りました。

ロンジンはじめ各関係者の方々
桐島ローランド氏、中川正子氏へこの場を借り御礼申し上げます。

ロンジンが180年もの時を刻んだ様に、写真も地球の証人です。

Ron Harman

ロンハーマン展示 当初2013年1月〜と御伝えいたしましたが 2月1日〜約1〜2ヶ月間の展示となる予定です。 追ってご報告させていただきます。 http://ronherman.jp/

ロンジン フォトコンテスト審査日

スイスの時計ブランド「ロンジン」は創業180年周年を迎えました。 それを記念したフォトコンテスト「時の実感 Etarnal Morment」を開催しました。 約960作品の応募を頂きました。 本日桐島ローランド氏、中川正子氏、ロンジン社マーケティング幹部共に、 厳正な審査をさせていただきます。 受賞された方には、ロンジンアンバサダーの一人、女優のリン・チーリンさんより 今後開催される授賞式にて賞が手渡されます。 受賞作品においては、後日公表予定です。 http://www.longines-saint-imier.jp/ 全ての応募作品がご覧頂けます。

展示予定

2012年の杏橋幹彦の展示は全て終了しました。 2013年1月、千駄ヶ谷ロンハーマンにおいて展示を開催します。 http://ronherman.jp/ その後の予定は今のところ未定です。 随時展示が決まり次第、ご報告させて頂きます。

トークショウ

原宿は表参道、CTWにおいて杏橋幹彦の写真展示&トークショウが、開催されます。 サロン形式の場所のため,20名限定とさせていただきます。 http://www.facebook.com/events/360119970730018/ ■Description 日時 Time & Date:2012年10月9日(火)19:00〜22:00  Open 18:30 場所 Venue:CTW表参道 http://www.ctw.co.jp/jp/access-map/ 定員:20名 参加費 Fee:2000円(軽食込) お申込みフォーム →http://bit.ly/Q8it9s

Fire king cafe

ファイヤーキング個展 終了 夏の終わりとともに、恒例の個展を無事終了いたしました。 会期中はたくさんの方々に起こしいただきました。 この場を借り御礼申し上げます。

マムート

スイスのアルパインブランド「マムート」 150年の歴史と山を歩んだ人々の、思いがつまった製品。 テントは無いが、独特な機能的なデザインと、使用者の目線で創られた 相当コアなブランド。 http://mammutstore.jp/ マムートのPRをなさっている方とのご縁があり、素晴らしい製品を使用させて頂け る事になり楽しみです。 写真の岩場は靴を履いて試す為に、作られた。 表参道店より。

Fire king cafe 個展

ファイヤーキングカフェでの夏の個展が開催されます(代々木上原) BLUE FOREST 8.13~9.9 11:30〜深夜2:00 www.fk-cafe.com

ノートンギャラリー

本日でノートンギャラリーの個展も終了致しました。 多くの皆様にお越しいただきました。 この場を借り御礼申し上げます。 8/13〜9/9は代々木上原「ファイヤーキングカフェ」での個展が開催されます。 ありがとうございました。

プロクライマー佐藤祐介の暴挙

佐藤祐介、大西良治、宮城公博が、ご神体である那智大社の瀧に登った。 考えられない暴挙と、恐ろしい事をしでかした。 修験道をはじめ2700年もの間、祈り紡がれた時間と、我々先祖の時間を土足で踏みつぶした事になる。 那智大社朝日宮司氏も激怒! あたりまえだ。 本来ここが神社だろうと無かろうと、山や海へ畏敬の念を持つべきだが、そうした感性は 彼らには、はなからないわけだ。 自分が万が一落ちない様に岩場に鉄の杭を打ち込むなど(最近はカムという岩場にねじ込む器具も併用) 今回の件も含め実際には山を征服する感がいなめない、表向きの広告だけではダメな実情を、企業も隠さず正面から接する必要に迫られているのかもしれない。 ゴールドウィン社(NorthFace)も契約を即解除。 http://http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/07/0715nachi/

J-Wave

J-wave Time Table 7に杏橋幹彦が紹介されました。
タワーレコードなどに置いてあります。
アートフェア東京 市川靖子様 ありがとうございました。

BLUE 7/10発売

Blue誌にパプアニューギニアの記事と、個展告知を掲載頂きました。

開催中!

ノートンギャラリーでの個展が開催中。 杏橋幹彦写真展「Blue Forest」 展示期間 7/6(金)~7/28(日) ノートンギャラリー広報 TEL03-3498-6608  www.nortongallery.jp/ 下記写真は只今追加制作中です。予定では来週末に展示します。

朝日新聞 掲載

本日7/4 朝日新聞夕刊美術欄に、今週から始まるノートンギャラリーでの個展情報を 掲載していただきました。 ノートンギャラリー TEL 03-3498-6607 表参道駅より根津美術館そば  OPEN 12:00〜18:00 杏橋幹彦写真展 「Blue Forest」7/6〜7/28 蒔苗様(まかなえ)ありがとうございました。

Longines 創業180年記念 フォトコンテスト

スイスの時計ブランド「ロンジン」は創業180年周年を迎えました。 それを記念したフォトコンテスト「時の実感 Etarnal Morment」を開催します。 桐島ローランドさん、中川正子さんとご一緒に、審査員をさせていただきます。 昨年の続きロンジンアンバサダーの一人、女優のリン・チーリンさんより賞が手渡されます。 http://www.longines-saint-imier.jp/

朝日新聞 

朝日新聞7月4日の夕刊紙面(水曜日の美術情報欄) に、次回ノートンギャッラリー個展
「Blue Forest」を掲載して頂く事になりました。

FREMAGA

FREMAGA Vol17 
フリーペーパーに杏橋幹彦の写真記事が掲載されました。

Blue Forest「Franja」

日経MJ新聞をはじめ様々なトレンド誌でご活躍の、流通ライター橋本伊津美さんのビジネスコラム「FRANJA」で、 写真集「Blue Forest」をご紹介くださりました。 
橋本様ありがとうございました。http://www.franja.co.jp/column/column03/5387/

Norton Gallery 個展

ノートンギャラリーにて今年初の個展が開催されます。 今回のテーマは光 杏橋幹彦写真展「Blue Forest」 展示期間 7/6(金)~7/28(日) レセプション7/6(金)17:00〜 ノートンギャラリー広報 TEL03-3498-6608 東京都港区南青山4-23-6 www.nortongallery.jp/

J-WAVE フリーペーパー

J-wave フリーペーパー 「TIME TABLE 7月号Gallery J-wave」で、杏橋幹彦が紹介されます。毎月26日頃、大江戸線青山一丁目駅、青山ブックセンター、TUTAYA渋谷、HMV、タワーレコード等で配布されます。 郵送で入手方法 郵便番号、住所、氏名、ご希望の号を明記の上、郵送料として以下の返信用切手を同封 して、下記住所までお申し込みください。最長6ヵ月までは、定期購読も可能です。 26日の発行後、順次発送となります。 バックナンバーに関しては、事前に03-6832-1144までお問い合わせください。 【郵送料】 1部につき、1ヵ月分 140 円/3ヵ月分 420 円/ 6ヵ月分 840 円 【お申し込み先】 〒106-6188 J-WAVE タイムテーブル係

FREMAGA

杏橋幹彦がフリーペーパー 「フリマガ」WATERの特集に(今回は水滴の形)見開きページに写真と文が掲載されます。 http://fremaga.net/ 6/25全国、ロスなど海外で無料配布されます。 タワーレコードにもあるそうです。

IMA告知

IMA ONLINEに7/6〜青山ノートンギャラリーで開催予定の、個展情報が掲載されました。 imaonline.jp/ud/exhibition/4fd6d50e1e2ffa4deb000005/

Norton Gallery 個展

tagboat フリーペーパー 7/6〜28に開催される個展案内が掲載されました。

Selected Works

Selected Worksを更新しました。

MJ 日本経済流通新聞 

「MJ 日本経済流通新聞」に写真集「Blue Forest」を掲載していただきました。 日本経済流通新聞社 橋本伊津美様 ありがとうございました。

日本経済流通新聞

明後日5/9(水)流行の最先端紙である、MJ「日経流通新聞」に写真集「Blue Forest」をご紹介して頂ける事となりました。 この写真集は透明で見えない、人が波と呼ぶ波動を見ようとした記録でもあり、海を知る一つ方法だったとも感じています。 10年前独り誰もいない、遠い海に漂っていた日から、こうして写真集を出せた事。 このようにご紹介くださる方々、ご購入してくださった方々へ。 この場を借り感謝を申し上げます。 山や海で向かいあう時間が人には必要なのです。 ネイティブの方々と同様に、日本にもこの地球や太陽を祈り、峰々で修行をする人々がいます。今でも地球への畏怖を忘れないでいられるよう続けらてきた時間が、この山河に生きています。 撮影してきたのは全て海外の離島の海ですが、海はそのまま繋がっているのだと知りました。 ご購入方法 注意(書店には置いてありません。)注文でお取り寄せは可能です。        mikihiko.com表紙写真集ページAmazonより、下記店頭        店頭(在庫をご確認ください) パタゴニアサーフ東京、千葉、福岡 03-5469-2101  ノートンギャラリー 青山  03-3498-6607 Up Fhiled Gallery 水道橋   03-3265-0320 堂島リバーフォーラムカフェ 大阪 06-6341-0020 ネイチャーナビゲーター 群馬県水上 0287-72-8118

Norton Gallery コレクション展

会期 5/7〜5/26 展覧会概要 今回はコレクションのうち,1930年代〜現代までの幅広い作家の作品を一挙に集め、展覧、販売会を開催。 国内外写真家、近代、現代作品との様々な背景のある作品をご覧頂き,豊かな写真の世界を感じて頂ければと思います。 作家 マンレイ、ブラッサイ、ロベールドアノー、ラリークラール、ジャックピアソン、ダミアンハースト、植田正治、荒木経椎、野村仁、清家富夫、杏橋幹彦 他 ノートンギャラリー広報 TEL03-3498-6608 東京都港区南青山4-23-6 www.nortongallery.jp/

CHROMA

以前契約した建築と写真空間をプロデュースする、ブラジルのギャラリーGaleria Pixel。

このたび新たにGaleria Chromaという名で、世界の写真家と杏橋幹彦も活動します。
Web siteも近日公開予定です。


アートフェア東京2012

有楽町国際フォーラム「アートフェア東京」に杏橋幹彦の作品が展示されます。 ニューギニアで撮影された新作も展示。 終日本人も会場におります。 ww.artfairtokyo.com/ TEL 事務局 03-5771-4520     期間    3/30(金)〜4/1(日)  3/30(金) 11:00〜21:00        3/31(土) 11:00〜20:00        4/1(日) 10:30〜17:00          展示場所  ブースNo P12「ノートンギャリー」入り口より左へ 

青山ノートンギャリー

3/26月〜4/7土まで青山は根津美術館近く、ノートンギャラリーで3人展が始まりました。 杏橋幹彦の作品が展示されています。 ご自由にご覧頂けますので、お近くにお寄りの際はお気軽にお越しください。 ノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607

ニューギニアより

今回のニューギニアの旅。 パプアニューギア政府観光局山田氏のご好意により、様々な波を探しに日々アテンドしていただきました。この場をかり御礼申し上げます。 杏橋幹彦の記事と写真(初撮影水中波)は、BLUE誌(各月発売ネコパプリッシング7月号)に掲載予定です。

青山ノートンギャラリー展示&アートフェア東京

青山ノートンギャリーとアートフェアにおいて、 樋川ゆき氏、かとうかずみ氏と3人展を開催致します 青山ノートンギャラリー 3/26(月)~4/7(土) 12:00~18:00(日・祝 休廊) ノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607    有楽町国際フォーラム「アートフェア東京2012」 3/30(金)〜4/1(日) 11:00〜             ブースNo P12 ノートンギャリー内 入り口より左へ ww.artfairtokyo.com/ TEL 事務局 03-5771-4520 作家 樋川ゆき ミクストメディア(平面、インスタレーション) http://yukihikawa.com/ かとうかずみ 油彩&ブロンズ(平面、立体)

ブラジル

ブラジルサンパウロのギャラリーと契約しました。 通常のもギャラリーはなく、建築家と共に、世界から彼らが選んだアーティストを、空間へ提案するギャラリーです。

地球の旅へ

お世話になっているパタゴニアさんより、秋冬の展示イベントのご招待を頂いた。 もちろん売る為の新商品の紹介もあるが、一企業として今の地球にしていかなくてはいけない事を話されていた。 ダライラマが「地球を救い守る義務が人間にあるのだ」という話の様に、人はごく当たり前だった事を忘れ、コンクリートの世界に自らの身も心も固めてしまったのかもしれない。 人は自然という言葉を作った日から、ある線をこの地球にひたのだと僕は思う。 その線の向こうに入り、怖さや、偉大さを感応する事がどんな教科書よりも、説得力のある気づきだと思う。 翌日スノーボードの「はかせ」玉井太郎さんが東京で自らの展示会のオープニング後、かつては海だった何処かの雪山へ向かった。 僕も2/18〜ニューギニアの現代の海ヘ向かう。

3月展示

有楽町の東京国際フォーラムで開催されるアートフェアに、杏橋幹彦の作品がノートンギャラリーより展示される事になりました。 又ノートンギャラリーにおいて、2人のアートフェア出展作家と展示を開催致します。 アートフェア東京    3/30(金)〜4/1(日) 青山ノートンギャラリー 3/26(月)〜4/7(土) アートフェア東京 www.artfairtokyo.com ノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607

2012 水素結合力

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。 動き続ける現在 我々は、ずっと昔におきた事の影を見ている。 夜空の爆発している星を見上げ、それが実際には10億年も前に起きたのであり ずっと昔に消滅したものを、見ている事を知るようなものである。 遠い過去の出来事が現在に起きている事を目撃する。 どこにいても人も木々も魚も、影を残しながら生きています。 水も少しでも動けば影を落とします。 波は光と影、そして反射が創りだす独特な世界です。 この地球で常に静寂と激しさの入れ替わる不思議な場所です。 水同士が引き合う様に、波と一つになりたいが為、波の中へはいっていきました。 太陽と水への感謝を忘れずに。

皆様本年もありがとうございました。 土のないコンクリートのビルに囲まれアリ塚に住む私達。 明治政府は仏教の自然(じねん)をネイチャーに当てはめて、自然と言う名でこの地球に、ある境界線をひきました。 徳川の開発以来、日本人は一方的な便利を押し進め、防波堤やテトラポットで、美しかった海岸線や河川を2度と戻れない姿にしています。 多くの教えと豊かな世界が失われ、変わりに全く不自然な地球が残っていく・・・ 我々の住む全ての土地は、美しい緑の山や海だった事を忘れぬ様に・・・・ 海に戻る水雲。海に漂い空へ昇る気雲。 我々は、青い海と大気の循環の狭間に生かされているのです。 その2つ世界に存在出来るのは太陽と影だけです。 そこから風が生まれ、波が生まれます。 旅とは自らの影を探す事なのかもしれません。

ニューギニアへ

アートフェアには、2月〜3月にニューギニア本島、ニューブリテン島へ渡り、波の新作をお見せ出来ればと思います。 撮れるか否かは未知数ですが、なによりパプアニューギニア政府観光局が進めてきたサーフィンキッズプログラムを通じ、現地の子供達と日本の子供達の交流のお手伝いが出来れば幸いです。 又過去の大戦で多くの日本の方々が、こころざしなかば亡くなられています。 時代が流れこうした交流や平和がある事を感謝し、私達も後世忘れてはいけません。 パプアニューギニア政府観光局http://pngtourism.jp/ 

ノートンギャラリー

青山根津美術館にほど近い「ノートンギャラリー」にて、作品が一点ですが、常設展示 されることになりました。 荒木経惟氏、森山大道氏のオリジナルプリントも常設展示されています。 常設展は来年迄お休みです。 来年の7月頃には、杏橋幹彦の個展を開催予定です。 お問い合わせノートンギャラリーwww.nortongallery.jp/ TEL 03-3496-6607

ブラジルのギャラリーより

ブラジルはサンパウロのギャラリーです。 この素晴らしいギャラリーとブラジル国内で何か伝えられればと思います。 www.galeriapixel.com.br

9/10ライブイベント in the flow 流るるままに

スピリチュアルシンガー植田アユミさんとライブイベント。 彼女の歌声は音叉となって伝わり、人生の不思議さを思う時間でした。 www.almavoice.com 海は繋がりまた新たな大事なギフトを授けてくれました。

パタゴニアサーフ 千葉(一宮)

建物も出来るだけ環境に負荷が少ないものを選び、建てられています。 写真集BLUE FORESTも販売して頂いています。 杏橋幹彦は地球へ売り上げの1%を寄付する「1%For The Planet」メンバーです。 www.onepercentfortheplanet.org/ja/ 

パタゴニア サーフ千葉
千葉県長生郡一宮町東浪見7404 TEL.0475-40-6030
  パタゴニア

Fire King cafe

ファイヤーキングカフェでの展示が終了しました。
多くの方々にご来店頂き、ありがとうございました。
ファイヤーキングカフェ阿部さん初め、スタッフの方々にも感謝いたします。

また来年の夏に戻って来ます。

BACCARAT HIGHLIGHTS

バカラライティングコレクション「BACCARAT HIGHLIGHTS」
2011年4月、ミラノサローネ2011で発表以来、バカラの輝きと光は時空を超え、光の歴史を綴り続けます。
フィリップスタルク氏を始め7組のクリエーターがその才能の輝きを私達に与えてくれます。
過去から未来へと光の物語が透過された、バカラのクリスタルが全てを包みます。

バカラ・パシフィック代表 小川様ありがとうございました。

堂島リバーフォーラム終了

ビエンナーレとカフェでの展示が終了しました。
たくさんの方々にご来場頂きました。この場を借り御礼申し上げます。

ちなみに2階の30mのウォールの写真は、次回2年後のビエンナーレまで展示されています。
ライトアップされた中庭よりどなたでも見る事ができます。

Longines

ロンジン社、ドルチェビータの授賞式と晩餐会が小笠原邸で、とり行われました。
女優のリン・リーチンさんもお見えになり、華やかな素晴らしい授賞式でした。

堂島リバーフォーラム「Ecosophia」

写真はアニッシュカプーア氏、安部典子氏
杏橋幹彦の作品は2年後の次回ビエンナーレまで飾られています。

Blue Forest 文章英訳

写真集内に杏橋幹彦が、旅先でつづってきた短い文章を載せていますが、すべて英語表記なので、日本語をのせました。 The boundary between people and nature. 人と自然の境界線 It took me three days to come here. ここに来るのに3日もかかった the place separate from the water surface is another world of the earth. 水面を隔てたここは地球のもう一つの別の世界だ Is there any end to the clear blue world? どこまでも青く澄んで続く世界に終わりはあるのか? How far can I go while holding my breath? 息を止めていかれる線はどこなんだ? The significance of risking my life to tell me something. 命を賭して自らに伝える意義 I was covered with clear blue jelly and saw things that I am no supposed to see. 青く澄んだゼリーに包まれながら、見てはいけないものを見てしまった When I was little, I wanted to stay under the sea long as I could hold my breath. 幼い頃息の続く限り、海の中にいたかった We are just like small stones lie around. 俺たちは小さな石ころにすぎない どうやったらあの崩れる波の中を魚のように泳げるのか、不思議でたまらなかった It amazes me how human swim like fish in crumbling waves. It is only I who know the footprints that were disappeared without a trace by lapping wave. 打ち寄せる波に消された足跡は自分にしかわからない the night sky used to be sheer dark. 昔夜空はただの闇だった The god felt lonely and left the stars above islands. 寂しく思った神様は島々の上に星を置いて行った The soaring waves covering up the sky approach the coast, my heart is about falling apart. 空を隠す波が沖から迫る、もうハートがバラバラに壊れそうだ The earth never asked for things that were human-made. 人間が作ったものなんて地球にはぜんぶ迷惑なのさ There is no turning back. 二度と後戻りはできない地球の後ろ姿 Go back and forth between time and space. 時間と空間を行き来する There is a hidden-line you shouldn't cross. 人が越えては行けない見えない線 Wrapped with full of blue. 圧倒的な青に包まれる その何かを探る事は、さっき言ったように自己の間と波が一つになれるようイメージする The search of something, I picture myself to become one with waves as I have just said. I saw beautiful things that I should not be seen alone 一人で見てはいけない美しいものを見た You will be protected as long as you have fear and awe to the earth 地球と対峙し、恐れと畏怖があれば必ず何かが守ってくれる It surprises me how I end up at the place where I desired through my journey. 旅を続けるとふと自分の向かうべき場所に立っていることに驚く

Fire King cafe

8/1よりファイヤーキングさんでの展示が始まりました。 今回は今年の6月に撮影した写真です。 光と水面にフォーカスし、新たな展示法として、職人さんに手製による額装にして頂きました。木はタモ材を使用し黒塗装、特別な黒マットで仕上げたオリジナル作品です。 写真集「 Blue Forest」を店内にて販売しております。 在店中は直筆サインもいたしますので、お店のスタッフにお尋ねください。 ファイヤーキングカフェ www.fk-cafe.com 杏橋幹彦 在店予定 8/2 午後19:00以降 8/3 午後20:00〜22:00 8/4〜8/12は撮影の為いません。

堂島リバーフォーラムカフェ

堂島リバフォーラムカフェ 店頭にて写真集「Blue Forest」がご購入可能です。 堂島リバーフォーラムカフェ 06-6341-0020  平日、日祝 11:30〜23:00 金、土   11:30〜24:00 www.dojimariver.com

Ecosophia ビエンナーレ

堂島ビエンナーレ30mの白い壁。 おおげさですが題名は「涅槃寂静」素人なりのイメージです。  「涅槃寂静」  煩悩の炎が吹き消されたされた悟りの世界。安らかで静かな境地(寂静) 諸行無常・諸法無我を知り体得することが、この涅槃寂静。(三法印) 諸行無常の現実や存在の全ては姿、形も流動し変化し続け、一瞬といえど      も同じではない。 諸法無我の全ての存在には実体(我)がない。 又数の最小単位でもある。 海は絶え間なく連続する地球の息吹です。 波は波という一つの物ではなく、遥か遠くより伝わる見えない波動です。 その波動に微細な水の分子が反応をしたものが波なのです。 それは終わりとも、始まりともいえるのです。 その美しく青く散る波と、その後に訪れる寂静の波間にいると、心を考え 心と感応し、自然と太陽や海へ祈るようになりました。 ここは靡きのような場で、明らかに修験道や仏教感と繋がっていると信じています。 この写真を近くで見、又遠く離れた場所から見てください。 生きた地球は人々へ寂静の間をなげかけているのです。 この場を借り、プリントの立案制作をして頂いた、JTQさん、データフォトさん始め、現場での制作施行をして下さった方々へお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

ファイヤーキング&堂島リバーフォーラム Refrection

夏の展示が東京と大阪で始まります。 東京 ファイヤーキングカフェ 8/1〜9/4 www.fk-cafe.com 大阪 堂島リバーフォーラムカフェ 7/23〜8/31     堂島リバービエンナーレ「Ecosophia」7/23〜8/21www.dojimariver.com DMは来週より随時お手元へ発送させていただきます。。

堂島リバー「ビエンナーレ」×リバーフォーラムカフェ

杏橋幹彦は水圏を飾ります。 展示場所は約30mのガラス張りの壁面です。 同時開催 堂島リバーフォーラムカフェ  7/23(土)〜8/21(日)Am11:00 ~ Pm20:00 場所 大阪堂島リバーフォーラムwww.dojimariver.com プロデューサー   堂島リバーフォーラム 古久保ひかり氏 ディレクター    飯田高誉氏 音楽        坂本龍一氏 アートディレクター 古平正義氏 参加アーティスト  建築家 磯崎新氏、隈研吾氏、浅子佳英氏、写真家 杉本博司氏           アニッシュ・カプーア氏、森万里子氏他

Longines

いつもお世話になっているロンジン社が、夏にドルチェビータというエレガントウォッチにちなみ、フォトコンテストを開催します。エレガントに人生を謳歌するがテーマです。 どなたでもご参加できます。 杏橋幹彦は審査員の一人として、厳正な審査をさせていただきます。 http://longines-dolcevita.jp

パタゴニア サーフ千葉OPEN

6/11(土)一宮九十九里ビーチライン沿いに アウトレットも多く販売される
パタゴニアサーフがOPEN します。
  パタゴニア 


パタゴニア サーフ千葉
千葉県長生郡一宮町東浪見7404 TEL.0475-40-6030

ZARD What a Beautiful Memory "Forever You"

ZARDラストコンサートのポストカードになりました。 最後のフィルムコンサートが武道館で行われます。 www.wezard.net/20th/live.html#goods/

ファウスト アドベンチャー ギルド

下記Web サイト INTERVIEW に杏橋幹彦の記事がUpされました。 ファウスト アドベンチャーギルド www.faust-ag.jp/

Blue Forest

世界限定写真集Blue Forest (おそらく増刷しても合計1,500〜2,000冊) B4版 5色カラー印刷 ハードカバー付き 価格12,000円 撮影の手法から紙やインク、製本にもこだわった写真集です。 約10年間に渡る波の中だけの写真集です。 サーファーは一切写っていません。純然たる波と太陽の物語りです。 当然色も一切いじっていませんが、1刷りと2刷りは印刷所、インクの違いで写真によっては若干の色の差があります。 同じ波は2度とないように、全てが手製なためご理解ください。 製本も1刷りに準じ機械製本ではありません。 1ページ1ページを、職人さんに糸かがりで縫って頂きました。 それを本の表裏紙も含め、糊とにかわを塗り仕上げるといった、途方も無い時間と精神力で出来上がりました。 広重さんの浮世絵版画にも通じる様々な分野の多くの職人さんのお力で生まれた Made in Japanの真骨頂です。 その為限定数しか制作できない為、書店には置いておりませんのでご注意ください。 現時点でご購入可能なお店は、パタゴニアオーシャン渋谷店のみです。(下記参照) ご購入方法 このウェブサイト写真集ページよりアマゾンでご購入も可能ですが ウェブサイトのContact 及びパタゴニアオーシャン渋谷店だけでは、特別にサイン入りをお受付しております。 この場合はお一人お一人へサインを書く為ご予約となります。 またお子様や大切な方への贈り物として、杏橋幹彦がメッセージを入れる事も可能です。 内容のご要望がありましたら、どうぞご遠慮なくパタゴニア オーシャンスタッフまでお申し付けください。 パタゴニア オーシャン 渋谷03-5469-2101(要在庫確認)  www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6565 Tel 03-5469-2101  また地方の方へご発送もいたします。(別途送料500円) 追伸 杏橋幹彦は6月より波の旅へ出る為、サインは5月末迄のご購入者、もしくは帰国後の7月初旬からとさせて頂きます。

BLUE vol 29

5/10雑誌Blueが発売され。 Hopeと題した内容で杏橋幹彦の記事と写真が掲載されました。 Blue Vol 29です。 www.blue-mag.com/mag/

ホテル浜の湯

稲取温泉ホテル浜の湯さんのDMに、写真が使用されました。 www.izu-hamanoyu.co.jp/ 海の目の前のホテルです。

YOU TOUBE

ユーチューブに林幹氏の音楽と杏橋幹彦の映像をUp しました。 www.youtube.com/watch?v=bJMZZQIPLiM&feature=youtu.be

Blue 「Hope」

5/10発売予定 「雑誌Blue」 ネコパブリッシング社に、杏橋幹彦の文章と写真が掲載されます。
次回はHopeと題し、被災地の方々ヘ向けた、様々なジャンルのアーティスト達のメッセージです。

2011堂島ビエンナーレ「Ecosophia」

2011年夏、現代アート展、大阪の堂島ビエンナーレに参加します。 テーマは「 Ecosophia 」 展覧会場は地圏、水圏、気圏の3つの「圏」で構成される。 杏橋幹彦は水圏で、杉本博司氏初めアーティストの方々と共に展示させて頂きます。 開催場所 大阪堂島リバーフォーラムwww.dojimariver.com 期間   7/23〜8/21 音楽       坂本龍一氏

池内紀先生

今回写真集に書評を書いてくださった、著名なドイツ文学者でエッセイストである、池内紀(いけうちおさむ)先生です。 先生のいきつけの喫茶店で、波の色や動きをご説明をさせて頂きました。 まるでご自分も海にいたかのような、素晴らしい文を書いてくださりました。 ドイツ文学では著名な先生ですが、実は山や川についての本もあるので、ぜひ。 どんな芸術もそのお人柄や人生が現れています。 この場をかりお礼申し上げます。ありがとうございました。

This is the my Works

Worksを大幅に変えました。 海の場所なんて実はどうでもいい。そのものをそのまま伝えるという、原点へ。 Setuka 雪花 命が儚く激しく散り生まれる Houjyou 方丈 瞑想する庵 Kansyou 観照 自己を自然の中で様々な方向から観、照らし合わせる Seiboku 青墨 本物の書道の墨は松の古木を焼いた墨 これを青墨という  Koumyou 光明  僅かに観える光や神々しい光 Nabiki 靡  祈りを捧げる自然の特別な場所 修験道の言葉 Ryuguu 龍宮  龍の住む特別な場 

BLUE FOREST 完成!

杏橋幹彦初の写真集「Blue Forest」が完成いたしました。 ご購入方法 現時点では下記のご購入のみと、させていただいております。 1 このウェブサイトmikihiko.comよりアマゾンご購入画面 2  パタゴニアサーフ渋谷   www.patagonia.com TEL 03-5469-2101 (要在庫確認) 現在書店には置いておいておりません。追って改めてお知らせいたします。 出版元 株式会社バウンダリー出版      TEL 03-6806-5120 FAX 03-6666-7768 MAIL info@baundary.co.jp

BLUE Vol 27記事掲載

杏橋幹彦の写真と文章、写真集の告知が、BLUEに掲載して頂きました。 今月はSURFな写真をテーマに、写真家達がそれぞれの旅を写真と綴りました。 編集長 林さん、副編集長 戸井田さん。いつもありがとうございます。 BLUE www.blue-mag.com

Kinkakuji ZEN Musou Soseki

金閣寺は不動明王堂や庭園も含んだ全体の呼び名、実際には相国寺派、臨済宗の禅寺鹿苑寺。開山は夢窓疎石で、鎌倉の円覚寺にも歴住し、庭園の設計家とし鎌倉や京都の天龍寺初め多くの設計に携わった。  幼い頃北鎌倉の曾祖父の家から円覚寺の裏山でよく遊び、昨年やはり鞍馬山の帰り、あてもないまま歩き、鳴き龍の相国寺へ引かれて行ったのも、偶然とはいえご縁があるようです。相国寺には若中の絵がたくさん寄贈され、今も拝観する事ができます。  今から700年以上も前の景色を目の当たりに、夢窓疎石を始め多くの庭師達の想いが、今も生きている事は素晴らしいにつきます。  禅はお釈迦様が苦行では目的を達し得ずと感じ、菩提樹の下で座禅しインドのヨーガを行い、自己の目覚めを悟り。これいより仏教が始まったとされている。  龍安寺の帰り、行き先も見ずバスに飛び乗ると、やはり行き先を間違えまたもや金閣寺前で降りた。  そのまま道に止まっていたタクシーに乗ると、何故かインドのシバ神や黄色いとらが ダッシュボードに鎮座し、イルカの風鈴が鳴る車内。 いいおやじさんの車だったのもありがたい。

写真集 Blue Forest  

高級美術印刷では最高峰の、京都サンエムラーさんにお願い出来る事になりました。 松井相談役始め皆様の良い物を創るという真摯な姿勢を目の当たりにし、最終的には 技と心だと改めて感じずにはいられませんでした。 この場を借り、今回の写真集にご尽力を頂いた皆様にお礼を申し上げます。

スッキリ放映

本日、日本TVスッキリにおいて、テリー伊藤さんにご丁寧な解説付きでご紹介して頂きました。 テリー伊藤様、伊部様、関係各皆様ありがとうございました。杏橋幹彦 www.ntv.co.jp/sukkiri/

太鼓奏者 林幹 ライブ

満員御礼の銀座ヤマハでの林幹氏の太鼓ライブは素晴らしかった。 様々な太鼓をあやつりながら、彼の真摯な心が伝わった空間だった。 VJさんにも波の映像をAmamiという曲にあわせていただいた。 生の音はやはり生きていた。 www.ustream.tv/channel/hayashi-kan/ ちなみにAmamは上記映像01:09:30付近に演奏されています。

Travel Blog

Travel blog  start
今迄の旅の記憶をさかのぼって行こうと思います。景色に溶け込んだ僅かな時間です。
水中にいくまでには、もちろん海岸を通らずにはいけません。
今住んでいる東京から世界中の海岸への入り口です。

産經新聞 掲載!

明日11/6(土)発売!産經新聞朝刊、文化 写真書評欄に杏橋幹彦写真集「Blue Forest」の記事が告知されました。 産經新聞社文化部、篠原様ありがとうございました。 産經新聞 sankei.jp.msn.com/   

ヤマハ銀座スタジオ 11.19 ライブ! 

11/19(金)ヤマハ銀座スタジオにおいて、和太鼓奏者 林幹さんのライブが開催され、Amamiという曲で杏橋幹彦の波の映像と写真が流れます。 二胡奏者、トランペット奏者の方々も加わる、今迄の和太鼓のイメージとは全く異った音です。 会場  ヤマハ銀座スタジオB2 中央区銀座7-9-14 03-3572-3139 ご予約 テッドカンパニー 03-3486-8011  林幹 web:site www.hayashikan.jp/top/

アップフィールド個展終了

 水道橋Up Fhiledでの個展が終了いたしました。 猛暑の中全国よりたくさんの方々におい出いただきました。 この場を借りお礼申し上げます。  

Patagonia Ocean × 写真集

写真集ご購入可能な店舗としては、現在パタゴニア オーシャン渋谷のみとなっております。 
パタゴニアオーシャンでは写真集のコーナーを作って頂いております。 
 ご予約及びサインご希望の方は下記へお問い合わせください。 パタゴニアオーシャン渋谷 www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6565 Tel 03-5469-2101

FM 横浜 84.7放送日

FM横浜の放送日が決まりました。 9月8日(水)14,00〜14,10 「E-ne! good for you~」です 開局25周年記念 その先のヨコハマへ25%の提言 FMサウンズ前田様ありがとうございました。 又本日より水道橋UPフィールドギャラリーでの展示が始まりました。 

和太鼓 林幹CD発売 Wadaiko kan hayashi

和太鼓奏者 林幹さんの初のCDがリリースされ、ジャケットに杏橋幹彦の写真が使用されました。今までの和太鼓のイメージとは全く異なった仕上がりです。レコーディングにも立ち会わせて頂き、プロの方々の溢れ出る音に包まれました。 ゲストアーティストもアコースティクピアノ奏者ジョナサン氏始め多彩な方々との秀作です。ぜひお聞きください。 Kan Hayashi www.hayashikan.jp Producer Go Yamazato Management TED Nagano TED company www.ted-company.co.jp Tel 03 3486 8011 Design Form::PROCESS

大阪個展

大阪堂島リバーフォーラム カフェは只今開催中です。今月8/27までとなります。 www.dojimariver.com

Kamoku Takahashi Live

先日鎌倉デイジーズカフェでのライブです。 高橋さんの心地よいスラックギターと www.surflive.jp/movie/music/98/

堂島リバーフォーラム

4/29より大阪の堂島リバーフォーラムでの展示が始まりました。 展示期間4/29〜8/25頃。 www.dojimariver.com

ファイヤーキング、デイジーズ終了

ファイヤーキング10周年記念展Flower、鎌倉デイジーズカフェでの展示が終了しました。
皆さまありがとうございました。


デイジーズ カフェ

今日から4/29まで鎌倉デイジーズカフェでの展示が始まりました。
カモク高橋さんのスラックギターライブも19,00より。
海の目の前の店内は白い木ばりのゆるやかな雰囲気です。 
鎌倉由比ガ浜デイジーズカフェ kamakuradaisy.com

Fire King cafe TEN YEARS BLOOM 「花」

毎年展示させて頂いているファイヤーキングカフェが10周年を迎え、花をテーマにゆかり
のあるアーティストの方々と合同展を行いました。
場所 ファイヤーキングカフェ 代々木上原 www.fk-cafe.com  
展示期間 3/23〜4/25  終了



1% For The Planet

1%For The Planet memberに登録しました。海の写真などの全ての売り上げの1%を、認証された環境活動の場へ自らが選んで寄付をするシステムです。サーフボードを抱えながら空いた手で海岸のゴミを1つ拾う様に、出来る事からすこしづつですね。会員 No1911 www.onepercentfortheplanet.org/ja/

4〜5月展示予定

展示を2カ所で開催いたします。詳細日時は追ってご報告します。 1 大阪堂島リバーフォーラム cafe 4月より約3ヶ月間展示予定  www.dojimariver.com 2 鎌倉 デイジーズカフェ 2週間 4月16(金)〜29 (木) 営業時間 12.00~19.00 kamakuradaisy.com 4/17 (土) Kamoku Takahashi 氏ギターライブ

Patagonia 2

いつも使用させて頂いているウェット。 今回はR4というパタゴニアのウェットで最も暖かいフロントジップタイプをカスタムオーダーしました。 バックジップに比べ腕などが動きやすいのが特徴で. 内部の素材も特許を持つ非塩素処理の暖かなメリノウールとリサイクルポリエステルが素材で着ごこちがソフト。 Web:site パタゴニア







Patagonia FD

パタゴニアの板フレッチャーシュイナードDesign 5'7 FISH 色はつや消し肌色でオレンジのピンストライプ、フィンはレインボウフィン社、マジックで太陽が描いてある。 ベースのフォームは従来のスタイロフォームに似た、ポリスチレフォームで出来ている。簡単に言うとパタゴニアの特殊なフォーム他エポキシ、レジンなどの原材料に含むVOC 揮発性有機化合物(大気汚染の一因)がわずかな材料を使用。 強度は従来ボードの2.5倍〜耐久性は300倍。 つまりよりなるべく安全な素材で長く使用出来る事で地球に優しい方向へ。 ご興味ある方はパタゴニア渋谷 03-5469-2101  Web:site パタゴニア







Roxy Snow

ロキシースノーカタログを撮影させて頂きました。
写真モデルはプロスノーボードライダーAi Kuniokaさん、プロフリースタイルスキーヤーManamiさんです。

Diver

月刊ダイバーで杏橋幹彦の特集インタビューがのりました。 インタビューアーは須賀潮美さん。かつてNewsステーションで海中からマイクで実況されていた方で、お父様須賀次郎氏共海のパイオニアです。 ダイバー副編集長岸本さん、水中カメラマン古見きゅうさんありがとうございました。 diver-web.jp

ウルトラ

青山スパイラルで行われる現代アート展、ウルトラに選ばれました。 開催期間2009 10/28〜11/3迄

ROXY Swimwear 2010

当社スタジオにて撮影したRoxy水着のカタログが出来上がりました。 roxyjapan.jp

ファイヤーキング 水鏡

ファイヤーキングでの展示も無事終了しました。 今回もスイスの時計メーカーロンジンのサポートのもと開催出来ました。 皆様ありがとうございました。 Fireking www.fk-cafe.com Longines www.longines.jp

クイックシルバー

我が家のスタジオでクイックシルバー契約ライダー大野修聖さんの撮影をしました。 2010年のウェットスーツカタログを数日間に渡り撮影しました。 大野さんにオーストラリア キラから駆けつけて頂いての撮影後の一コマです。 www.quiksilver.co.jp

Roxy

ロキシーの水着の撮影 2010年夏のカタログです。

Patagonia 展示 水鏡

パタゴニアでの展示も無事終了しました。スピーカーシリーズでは100人近いお客様においでいただきました。話慣れてない分うまく御伝えでき無い点もありましたが、良い経験となりました。ありがとうございました。
池谷さん始め倉持さんスタッフの皆さん感謝です。 web:site パタゴニア






BLUE No18

創刊からお世話になっているサーフ雑誌BLUEに、ロンジン広告が掲載されました。
インタビューアーはサーフィンの世界に精通したライター富田氏です。
ありがとうございました。


ファイヤーキング2009

ファイヤーキングでの個展が始まります。 今回も全て6月にフィジー〜ニュージーランドを経由し撮影した新作です。 お店も本格的なアジアン料理となによりモヒートを始めお酒も充実しています。 Fireking www.fk-cafe.com ロンジンさんのご協力で東京カレンダー初め様々な雑誌約30誌にも告知掲載されます。 Longines www.longines.jp

パタゴニア展示

7/10〜8/90渋谷パタゴニアオーシャンにて展示が始まります。 8/7 20,00〜はスピーカーシリーズ(トークショー)を開催いたします。(予約制) パタゴニアオーシャン 渋谷店 03-5469-2101 DMデザイン フォームプロセス立石さん www.form-process.com

Longines

水の世紀の冒険家の1人としていつもお世話になっている、ロンジン広告パンフレットに杏橋幹彦の写真が使用されました。三越、高島屋初め全国の時計専門店に置かれる予定です。

ROXY winter

Roxy winter
モデルは林エミリさん、MayJさん。

2008 Fire King

2008 夏の個展がロンジンと共に開催されました。

ファイヤーキング展示

今年もサポートをして頂いているロンジン社との開催です。
期間7/28〜8/31

告知はBlue、週刊新潮、オッジ、マリソル、婦人画報、和楽、プレシャス、MISS、時計bigin始め約30誌に掲載を予定しています。

Blue No11

Blue No11 にロンジンタイアップ記事が掲載されました。

2008 Fire Kingパーティー

ロンジンのサポートのもとファイヤーキングでパーティーを開催いたしました。 プロロングボーダー河村正美氏、四国のビックウェーバー堀口新平氏、又雑誌Penさん、コヨーテさん、グッズプレスさん始め150人ものゲストの方々においでいただきました。 この場を借りお礼申し上げます。 又海のイメージの和菓子を「和菓子遊び」さんに制作して頂きました。 天然素材や海の潮にもこだわった練りきりなど最高でした。

BLUE No12

BLUE誌にロンジンとのタイアップ記事並び文章が掲載されました。 Longines www.longines.jp Blue www.blue-mag.com

ラトビア 

ラトヴィア芸術交流協会のご尽力により、旧市街リガにおいて個展が開催されました。 建物は数百年前に作られたブラックヘッドと呼ばれ現在は歴史博物館となっています。 延々と平野が続くツンドラの森と浅いバルト海を望む気温マイナス20度の世界。 フィンランドを経由し16時間。 青い海も波を見た事の無い方々へ何かが伝わればうれしいです。 ラトヴィアの政府高官の方々初め、文部科学省の方々にもいらして頂きました。

Asahi News Paper

朝日新聞ロンジン広告で杏橋幹彦の文章が載りました。 「 海は生きている。そこですべての繋がりを理解し、礼をつくす人を海は知っている。」

アルゼンチン

Webサイトを見連絡をくれたアルゼンチン、ブエノスアイレスのシンガージュリエッタ。彼女の澄んだ声と仲間達の楽器で作られた空間で映像が流れました。電気仕掛けのWebが旅をし、こうして心暖まる出会いがあるのは不思議です。Gracias Jyuli www.youtube.com/watch?v=sKq5lNMoxfY&feature=related

2007 Fire King

2007 夏ファイヤーキングで個展が開催されました。
3mのサモアの川の写真も展示。皆様ありがとうございました。

ファイヤーキング COROL

2007 8/6 ~9/2 代々木上原ファイヤーキングにて個展を開催します。 DM デザイン フォームプロセスさんにお願いしました。封筒も四角いとレーシングペーパーで制作。 Form Process www.form-process.com

BLUE No07

杏橋幹彦が雑誌BLUE07号にロンジンとの特集ページ、サモアの記事が掲載されました。 光栄な事にスイスの時計メーカロンジン社、水の世紀の冒険家の1人に選ばれました。 今後はロンジン社と共に未来に時を刻んで行きます。 ありがとうございました。 Longines www.longines.jp Blue www.blue-mag.com

Longines

銀座スウォッチグループの本社ビルで、ダイバーウォッチ、ハイドロコンクウェスト の発表レセプションパーティが開催されました。 光栄な事に杏橋幹彦が水の世紀の冒険家の1人に選ばれました。 今後はロンジンと共に地球の少し先の未来を刻む活動をしていきます。

Sensatia

バリ島で作られている合成界面活性剤のはいっていない、やさしい石鹸センセーシャのカタログに写真が使用されました。

UP フィールド ギャラリー

水道橋UPフィールドギャラリーでの展示です。
静かなギャラリーで波に包まれる感覚は不思議でした。
ありがとうございました。